IEEEスタンダード:世界をリードする

私の目的は、IEEEスタンダードアソシエーションを、新しいアイデアやテクノロジーを標準化するための最適な場所にすることです。また、勤勉に働き、成功に全力を注ぐことでもあります。

マークについて

IEEEスタンダード:世界をリードする

マークについて

IEEEの経験

私は、 IEEE Power and Energy, Computer and Communications Societiesのメンバーです。 

副会長および委員長、SAグローバル製品サービス・マーケティングSMDC

私はMITでIEEEに参加し、学生支部の支部長に選ばれました。 私はカナダの新無線帯域の広帯域ソリューションの提案に始まり、その後はIEEE 802の高度な広域無線技術まで、規格に長く関わってきました。 これにより、私は規格会議とその委員会の委員を務めることになり。官僚的な障害を最小限に抑え、標準プロセスをできる限り簡単かつ迅速に処理することを勧めました。

その後、BOG、CAGおよびそのガバナンス委員会の委員を務めました:

副会長兼委員長、財務の持続可能性SMDC

副会長兼委員長、製品およびサービスSMDC

委員長、褒賞および表彰委員会

委員長、会員維持に関する特別委員会

委員長、戦略計画・ポートフォリオ管理委員会

特別評議会

フェロー委員会

業界関係委員会

— — — –アピールプール –指名および任命委員会 –ISTOのSA 代表 –ICAP運営委員会 –規格実施委員会 –戦略計画諮問グループ –グローバル調整委員会 –国際SDO 諮問グループ 私はIEEE新イニシアチブ委員会および褒賞会議の委員も務めました。

アピールプール

委員の指名と任命

— — — — — –ISTOのSA代表 –ICAP 運営委員会 –規格実施委員会 –戦略計画諮問グループ –グローバル調整委員会 –国際SDO 諮問グループ 私はIEEE新イニシアチブ委員会および褒賞会議の委員も務めました。.

ISTOのSA代表

ICAP運営委員会

規格実施委員会

戦略企画諮問グループ

グローバル調整委員会

国際SDO諮問グループ

IEEE新イニシアチブ委員会および褒賞会議

教育

マークはスタンフォードで博士号を取得し、M.I.T. でM.S.およびB.S.の学位を取得し、ハーバード特別研究員でした。

スタンフォードで博士号を取得

M.I.T.でM.S.およびB.S.学位を取得

ハーバード大学特別研究員

マークは幅広い業界の標準化の経験があり、成功した包括的な経営スタイルをIEEEにもたらします。

成功の記録

法人会員の拡大

私は法人会員を拡大するインセンティブを提案しました。 これらには、ISTOとのプロモーションの統合、ウェビナー、および教材などの特殊な付随資料が含まれています。 会員数は劇的に増加しました。

SA アワードの拡充

私はSA アワードの対象範囲を拡大して各賞の金銭的インセンティブを高めることを提案しました。規格に活発に取り組むIEEE会員を顕彰する、ワーキンググループ、諸学会の会長を巻き込んで認知拡大を図る−などです。

グローバルなSA認定を取得

私はIEEEをGlobal Standards Collaborationのメンバーにすることを提案かつ成功し、これはSAにとって重要な認識です。.

出版物

マークは偏光回転による通信について論文を5報発表し、特許も1つ持っています。

マーク・エプスタインは、ATIS、TIA、US ITUアソシエーションの役員を務めるほか、IEEE Standards Associationの理事会にも加わっています。 彼は、MITの評議員、シェイクスピア・シアターとスタジオ・シアターの理事を務めています。 彼はピアノとバイオリンを演奏します。

職歴

Qualcommのシニア・バイス・プレジデント・コンサルタントとして、Wi-Fi、セルラー、電力線、パーソナル・エリア・ネットワークの標準化活動をサポートしています。 マークは、Qualcommの設立当初から在籍し、Qualcommが今日のような成功したビジネスに成長するために重要なリーダーシップを発揮してきました。 以前は、陸軍長官の通信(C3I)担当副官として、陸軍のエレクトロニクス研究を指導していました。 これ以前は、CSCとNorthropに在籍していました。

上級副社長

コミュニケーション担当副官(C3I)

立候補した理由

私が次期会長に立候補しているのは、 IEEE Standards Associationを 次のレベルに引き上げる時期が来たからで、それを実現できるのは私です。 私はIEEE.に恩返ししたいという気持ちに駆られています。 IEEEは私がMITのIEEE学生支部の支部長だった際に始まり、IEEEの新規格の発展に取り組んでいる間ずっと、多大な支援を与えてくれました。 現在私はStandards Associationのリーダーおよび役員として恩返ししており、さらに研究したいと考えております。 ここでは私のビジョンを述べます:私は • モダンで最先端の開発プラットフォームツールでの投資を増やし、スタッフのサポートおよび管理者の会合を改善します。 これにより、ボランティアが文書の下書きを作成するための時間を節約し、より質の高いコンテンツの作成に専念することが可能になります。 ・プロセスをよりオープン、透明、かつ公平なものにし、これには経営陣の会議録および報告書へのアクセスを容易にすることも含まれます。 ・私たちの規格が市場のニーズに合致するように取り組み、技術的に極めて優れた規格を作成するための認知された一流の会社として世界的な評判を高める。 これらの目標を達成するために、Qualcommがスタートアップから現在の成功した会社になるに至るまで育てた起業家としての管理術とエネルギーを応用して取り組みます。

連絡先 Mark

ja日本語